外資戦コン最速昇格の秘訣と採用の裏側

徹底したケース対策で外資コンサルに入社。その後も爆速で昇格を繰り返した筆者が就活やその後の成功について語ります。

マッキンゼーを落ちた私が泣きながらボスコンに受かった話(その2)

 前回のストーリー

www.aserusconsult.com

 

マッキンゼー筆記試験の衝撃

試験当日、意気揚々と試験会場のホテルへ向かう。

ホテルロビーは我こそは最強の秀才なりと信じて疑わない学生が集まり、かなりピリついた雰囲気。

 

講演会スペースに入ると、白いテーブルクロスがひかれている長机がズラッと左右に20列くらい並び、100人以上が背筋を正して着席。試験問題は自分の目の前に裏を向けて置いてある。

 

「自分とマッキンゼーの出会いは運命である」という勘違いストーカーのような気持ちで試験に臨んだ自分は、当然何の予習もしていない。

 

「はじめてください」の合図で問題用紙をめくる

 

 

!?

 

目に飛び込んできたのはこんな感じ

 

f:id:aserus_consult:20181229151725p:plain

McKinsey&Company "Problem Solving Test Practice Test A"より転載


!?

 

え、、、英語なの?

というかそういう問題でもなく、なんぞこれ?

 

全く意味が分からん。。。もっと数学の基礎知識とか、文章題とか、小論文だと思ってた。

 ゴングが鳴って、拳を合わせようとしたら右ストレートが飛んできた感じ。しかもこっちはノーガード戦法。

 

面喰らい過ぎて1分くらい天井を見上げる。「宴会場の天井って何で格子模様なんだろう?」

いかんいかん、問題文が意味不明だとしても、頑張ればもしかしたら解けるはず。

何回も読んでたら何となく分かった気になってくる。幸い問題は選択式だ。

 

マッキンゼーの筆記試験は上のような長い文章が最初に出てきて、この内容についての選択式の問題が3-5問出題される。これが1セットになっていて、全部で5-7セットくらいのボリュームを1.5時間くらいで解かないといけい。(今は多少変わってるかもしれません。)

 

基本的に最初の文章を10回くらい読まないと意味が分からなかったので、時間は一瞬でなくなる。しかも文章理解が曖昧なので、問題に進んでもやっぱり曖昧。

何とかそれっぽいと思われる回答を選択し、とりあえず完答。

 

 

マッキンゼーとの運命を信じて臨んだけど、終わった頃には暗雲がたちこめていた。

 

結果発表そして。。。

試験の帰り、たまたま同じ大学の友人Kくんとホームで一緒になる。

 

アセルス:試験どうだった?

Kくん:いや、ヤバイでしょw

アセルス:英語って知らなかったんだけど…

Kくん:まじ!?まあでも知っててもあんま変わらんよ

アセルス:かもね笑

Kくん:でも、マッキンゼーは筆記難しいで有名だし、5割くらいでも通るらしいよ?

アセルス:マジ!?

というこの会話でまたマッキンゼーとの赤い糸を再び信じ始める私。5-6割なら何とかいってる気がする。

お互いの結果を報告する約束をしてK氏とは別れた。 

 

1週間ぐらいすると「〇〇が合格メール受け取ったらしい」という情報が流れはじめ、焦る私。

 

大学のメールアドレスを使ってたので、毎日朝昼晩大学のパソコンをチェックするが、

メールはまだ来ない。

 

続々と合格者が出はじめるが、まだ来ない。 

 

さらに数日後、メールボックスに一件のメールが、、、

 

 

[マッキンゼーアンドカンパニー]

 

 

恐る恐るメールを開ける。

 

「この度はマッキンゼーの採用に応募いただきありがとうございます。検討の結果、この度は採用を見送らせていただくこととなりました。アセルス様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。」

 

 

 信じられない。受け入れたくない。でも現実なので受け入れるしかない。

好きな人に告白してフラれる時ってこんな感じなのかな?告白したことないけど、

 

大学のパソコンルームからよろよろと立ち上がり、最寄駅へと歩く。

 

歩きながら涙が滝のように流れて来た。誇張なしで。

なんでダメなの??

他の奴は受かってるのになんで?

結構勉強も頑張って来たのに、ロジカルシンキング(?)ってやつも多少自信あったのに。

なんでもっと筆記試験の内容調べなかったんだろう。フラっと行って受かるような天才でもないのに。

人生に一度しかチャンスないのに。もうこれでマッキンゼーには行けない。

自分が否定されてる。悔しくてたまらない。

人生でこんな悔しいことあるんだ。

 

 

しばらく泣いていると、今度は別の感情が芽生えてくる

怒りの感情。

闘争心。

バカにされたという気持ち。

もっと自分はすごいはずなのに、受かるべきなのに、私を落としたマッキンゼーは間違ってる。

落ちていった他の人たちと一緒にされたくない。

 

自分を落としたことを、後悔させてやる

 

心の中にはっきり炎が燃えたのが分かった。

大学に入ってからの自堕落な生活で完全に忘れてた感覚だった。

 

オッケーマック、私が本気出したらどうなるか見せてやろうじゃん。

 

気づいたら涙は止まってました。

 

 

ここから本気を出した自分は戦コン就活をバンバン突破して、、、いくつもりだったけど、現実はそんなに甘くはなかった。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンサルについての転職相談などお気軽にどうぞ。

strategyholic@gmail.com

ケース面接支援も趣味でやってます。

coconala.com